トップページ

レインブーツならオールシーズン活用できます

レインブーツといえば長靴というイメージで農作業をしたり、除雪作業をしたりするのに利用しているのを思い浮かべるかもしれません。水玉模様やカラフルなカラーで児童や幼児が雨の日に履いているイメージを思い浮かべるかもしれません。
レインブーツは梅雨の時期や秋口に販売されることが多く、数も種類も少な目でパンプスやヒールといった余所行き感の強い靴と比べると地味でひっそりと陳列されています。
最近では一目で長靴とわかるようなものではなくおしゃれなものも増えてきましたが、依然として黒、紺、カーキといった渋めのカラーが販売されています。
赤やピンク、イエローといったものはお子様感覚を呼び起こしてしまううえ、ビジネスや通勤には適しませんので致し方ないともいえますがレインブーツの雨をよけるという目的のためだけにあるという存在の味気なさを感じさせるものになっています。
デザインが武骨になるのは仕方がないとはいえ、最近では防水効果の高い素材を一部に利用したり、シューズメーカーがコラボして販売しているものもあり、梅雨や台風の時期だけでなく秋から冬にかけてのブーツの代用品としても履くことができるものが増加してきていますので、併用して靴の数を減らすことができます。

長く履くために気をつけたい、レインブーツのお手入れ

レインブーツとは長靴のことで、防水性のあるくるぶし丈、膝丈の靴の中でも、ファッション性の高いものを指します。
雨の日もおしゃれをして楽しく外出しようというコンセプトのもと、各メーカーが様々なデザインやカラーのレインブーツを発売しています。
中にはリボンなど装飾が付いていたり、高めのヒールが付いていたりと普通のブーツのように履きこなせるものもあります。
レインブーツは完全防水なので、中が蒸れてしまうのが難点です。蒸れを防止するには、サイズ選びと日々のお手入れがポイントになります。
ふくらはぎの部分に余裕のあるものを選ぶとブーツの上から湿気が逃げやすくなりますし、インソールを使用すると蒸れによる不快感を抑えるだけでなく、足への負担も軽減してくれます。
また、履いた後のお手入れが重要で、天然ゴム製のものは、汚れや泥は洗い流し、自然乾燥させます。できれば内側も水洗いしてよく乾燥させましょう。乾燥剤などで湿気をとり、折り曲げたり、寝かせたりせずに真っ直ぐ立てて風通しが良く、湿気の少ない場所に保管します。
時々ゴム専用のスプレーをして、ゴムを保護するようにします。合成ゴム製の場合は、ゴム専用のスプレーは使わずに風通しの良い場所で陰干ししておきます。

おすすめWEBサイト 5選

信用できる金の買取
http://housekihiroba-kaitori.jp/%e9%87%91-%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%81%e3%83%8a%e8%b2%b7%e5%8f%96%e3%82%8a/%e9%87%91-%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89%e8%b2%b7%e3%81%84%e5%8f%96%e3%82%8a
美容専門学校を東京で検索
http://www.takayama.ac.jp/
伊良部島の青の洞窟へいこう
http://miyako-kaila.com/?page_id=622

最終更新日:2017/4/26